脱毛してもらったのに毛が抜けない場合

サロンや美容皮膚科などで脱毛をしてもらったはずなのに、毛が抜けないという現象が起こる場合があります。これは打ち漏れと呼ばれる現象で、本来ならライトを当てなくてはいけなかったところに光やレーザーが充分届かなかったことが原因です。
打ち漏れがあるかどうかを確かめる方法はとても簡単なので、すぐにわかります。サロンなどで脱毛をした後、約二週間後にライトの光を当てたところの毛が抜け落ちますが、打ち漏れがあるところだけはそのまま毛が抜けない状態になっているからです。つまり、打ち漏れがあるかどうかを見極めるには、最低でも二週間程度は様子を見なくてはいけません。
打ち漏れが発生しやすい部位は、体の中で形状が複雑で照射を行うのに高い技術を要する場合です。面積が広く、平らになっているところなら打ち漏れの心配はないでしょう。脱毛を行う側もスタッフの研修を行うことで技術の向上を図っていますし、打ち漏れという現象の頻度自体は少なくなっています。万が一毛が抜けない箇所ができた場合に備えて、打ち漏れができた場合の追加照射を無料でやってもらえるところや、追加照射を希望する人の予約を優先してくれるなどのフォロー体制があるところにした方がいいでしょう。